債務整理TOP
債務整理TOP
債務整理TOP

◆公正証書遺言作成の流れ◆

1.原案作成

遺言者が具体的な遺言の内容をお客様と一緒に考えながら原案を作成します。
公正証書遺言は、公証人に作成をしてもらいます。そのため、自筆する必要はないので、公証人に伝える際に遺言の内容を伝え間違えないような下書きを作成することになります。

0120-956-405

2.公証人と内容確認

公正証書遺言の原案の作成が終わったら、公証役場に遺言を作成したい旨を伝えます。
遺言の内容と必要書類について、公証人と打ち合わせをし、公正証書の作成日を決定します。

0120-956-405

3.公証役場へ必要書類の提出

公証役場で必要書類を確認し、事前に必要と言われた書面を公証人に送付します。

0120-956-405

4.公正証書遺言の作成

2人の証人の立ち合いのもとで、遺言者が遺言内容を口授することで、公証人が遺言の趣旨を理解したうえで作成します。
原本は公証役場で保管され、正本と謄本は遺言者本人に渡されます。